前へ
次へ

離婚裁判の流れを知りたい方へ

離婚裁判の流れを知りたい方へ、ぜひお教えしたい事があります。
まず初めに家庭裁判所に離婚訴訟をします。

more

私は本当は離婚裁判をして欲しかったです

無事に両親は離婚してくれましたが、本当は裁判で争ってほしかったです。
あいつの今までの言動や浮気が原因

more

結婚生活の終止符に離婚裁判

裁判にもいろいろな裁判があります。
でも、誰しも経験するわけでもないと考えます。
ただ、もし、経験する可

more

離婚裁判とはどのような裁判なのか

結婚というのは生活や環境が違う異性同士が婚姻関係を公的に認められた制度であり、日本では戸籍制度が確立されているので世帯を示す単位として、この婚姻関係が中心に考えられています。
しかし、現在は経済的な理由や相手に対する感情の変化などの理由から婚姻関係を継続できなくなった場合には、離婚を行って新たな人生を進む人が増えています。
離婚をする方法は両者が話し合いを行って了承すると公的機関に届け出を行い、そこで受理されれば成立することになり、この方法を協議離婚と言います。
多くのケースでこの協議離婚が利用されていますが、話し合いが不調に終わったり提示された離婚に対して一方が拒絶するような場合には、裁判所という司法が離婚の判断を行う方法が使われていて、これが離婚裁判と呼ばれています。
離婚裁判は司法が夫婦であった人物の間の折衝を行うことになり、判決が下ると法律的な根拠という裏付けが発生するため、一方がこの判決に納得していなくても法律的には夫婦関係が解消されることになります。
離婚裁判で争点になるのは共有財産の分割の割合と共に、子供がいる場合にその親権をどちらが持つかということです。
私有財産は個人が自由に使えるというのが原則ですが、婚姻関係を締結した後に発生した財産については夫婦の共有財産に該当してしまい、一方が勝手に処分することには制限が課せられます。
ところが離婚してしまうとこの共有財産は分割して所持しますが、その配分については話し合いで決めなくてはいけないのですが、状況によっては冷静な話し合いができないために進まない場合があります。
また、子供の親権については該当する人物の将来に大きく関係するので、どちらに任せたらいいのか慎重に吟味されることになります。
裁判になると経済的な観点から親権の付与が与えられるケースが多くなっていて、一般的には収入の高い方に決定する可能性が高くなっています。
これは子供の成長にはどうしてもお金がかかることが考慮された結果ですが、子供が一定の年齢に達していれば本人の意見を確認した上で収入に関係なく判断されることもあります。

いつでもどこでも映像が見られるので便利です
スマートフォンなどからも映像チェックができるので、外出先や離れたところでも映像の確認が可能です。

オンラインサロンの作り方とは?専門家が詳しくご説明します
業界でも圧倒的トップシェアを誇る会社がわかりやすく説明しております

https://www.coverall.co.jp/coverall/coverall-osaka/
ダイキチカバーオールはプロによる高品質な清掃と即効性・持続性が高い除菌クリーナーにこだわり、お客様が気持ちよく過ごせる場所を提供します。

代行手数料は一律なので安心です
ローン代行に関する事務手数料は一律50,000円となっていますし、審査に落ちた場合は支払う必要はないので安心です。

借金のある方でも住宅ローンを組めます
借金のため住宅ローンの審査に落ちているという方でも審査が通るよう、プロがサポートします。

Page Top