前へ
次へ

離婚裁判にはどれぐらいの時間がかかるか

これから離婚を考えている人にとっては、様々な修羅場があります。例えば当事者間で離婚に関する話し合いをしようとしても、必ず1回で話し合いが済むわけではありません。多くの場合財産が絡んでくるため解決までに時間がかかるわけです。なかなか話し合いをしてもうまくいかない場合は、最終的に離婚裁判で決着をする方法があります。離婚をする人でも裁判をするとは考えていなかったかもしれませんが、現実に離婚をする人の5%ぐらいは裁判に持ち込まれるといいます。なぜ裁判に発展するかと言えば、そもそも夫婦関係で財産自体がどちらに帰属するか明確にしていなかったからです。もちろんそれも当然のことで、最初から離婚することを前提に結婚する人がいるわけではありませんので、財産分与に関して争いになるのは致し方ないことと言えるでしょう。それ以外に考えられるのは、慰謝料請求の場面です。慰謝料請求が発生する場面とは、大抵どちらかが不倫をしている場合です。素直にお金を支払ってくれれば良いですが、相手も抵抗するでしょう。結果的に話し合いだけでは解決できず裁判に発展するわけです。離婚裁判になるまでは、通常話し合いをしてそれでも決着がつかず離婚調停に持ち込まれるでしょう。離婚調停は1ヵ月程度かかることも少なくありません。それから調停でうまくいかない場合には離婚仲裁を行い、それでも解決しない場合に離婚裁判になるでしょう。一般的に裁判と言えば、半年から1年あるいは10年ぐらいかかるものもありますが、離婚に関する裁判でそこまで長引いた例はほとんどありません。なぜならわざわざ上訴する人は少ないからです。ただそうは言っても、裁判で訴えてすぐに決着がつくわけではなく、やはりそこで3ヶ月ぐらいの時間がかかってしまうものです。つまり当事者の話し合いを含めると最低でも半年位の時間はかかると考えて良いです。調停から裁判の終了までならば4ヶ月程度と考えておきましょう。

データ入力代行 東京

船用電気機器製作会社の会社案内の制作
小さな街から世界へ発信しているという、隠れたブランドを表現するために、ワールドワイドな世界観を感じてもらえるようなデザインの制作も可能なので、ぜひご相談ください。

大阪 カタログ 制作
商品本来の魅力を伝えることができるカタログを制作するデザインフォトスタジオWHARFです。

自宅で会社と同じように仕事ができる環境をお作りいたします

https://ekubox-osaka.com/pack/
御社だけのオリジナルパンフレットをおつくりさせていただきます

Page Top